河口湖温泉、野沢温泉、上諏訪温泉を始めとした甲信越・中部エリアの有名温泉地が勢ぞろい!
その土地でしか味わえない温泉の魅力をご紹介。

河口湖温泉のイメージ
山梨県・富士河口湖町
河口湖温泉
河口湖温泉は、開湯は1992(平成4)年という新しい温泉地。天水の湯・霊水の湯・芙蓉の湯・麗峰の湯の4つの源泉が湧出しており、泉質は「塩化物泉」や「硫酸塩泉」などで、神経痛や筋肉痛、冷え性や疲労回復などに効果があると言われおります。湖畔沿いに、富士山と河口湖の絶景が楽しめる宿が多いのが最大の魅力の温泉地です。
野沢温泉のイメージ
長野県・野沢温泉村
野沢温泉
日本有数のスキーリゾート、野沢菜発祥の地としても知られる北信州の名湯。硫黄の香り漂う温泉街の中心には共同浴場の「大湯」があり、江戸時代の趣を今に伝える美しい湯屋建築が目を引きます。人気観光スポットの「麻釜(おがま)」は野沢温泉の台所とも呼ばれ、熱泉で山菜や野菜などがゆでられ、昔から温泉が人々の生活と密着してきたことが窺えます。
上諏訪温泉のイメージ
長野県・諏訪市
上諏訪温泉
諏訪湖のほとりの温泉町。全国屈指と言われる豊富な湯量を誇り、JR上諏訪駅構内にある足湯、諏訪湖を眺めながら浸れる足湯などがあり、町中に温泉が溢れています。泉質は少し熱めの単純温泉。周辺には、湖畔に噴き上がる間欠泉、日本最古の神社の一つ諏訪大社、雄大な自然が残る霧ヶ峰高原があり観光の拠点におすすめです。
越後湯沢温泉のイメージ
新潟県・湯沢町
越後湯沢温泉
「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」で始まる小説、川端康成の名作「雪国」の舞台となった情緒あふれる温泉地。スキーのメッカとしても有名。気軽に立ち寄れる公営の温泉浴場が6ヶ所あるなど、行楽帰りにも満喫できる温泉地です。魚沼産の美味しいコシヒカリや新潟の銘酒も楽しめる宿も多く、レジャーも食も両方満喫できます。
瀬波温泉のイメージ
新潟県・村上市
瀬波温泉
日本海のそばにある開湯100年を超える温泉。その豊富な湯量と別名「熱の湯」と言われる95℃の熱量を誇ります。日本海の目の前という全国屈指のロケーションを誇り、夕日の魅力がたっぷり味わえる絶景露天風呂と日本海ならではの旬の地物を堪能できるのが最大の魅力。海水浴場もすぐ近くにあり、夏は海水浴客で賑わいます。
新保高温泉のイメージ
岐阜県・高山市
新穂高温泉
奥飛騨温泉郷の最奥にある新穂高温泉は、豊富な湯が川床からこんこんと湧きでる露天風呂天国。蒲田川沿いに宿が並び、北アルプスの眺め自慢や、川沿いで野趣溢れる造りなど、開放的な景色が楽しめる露天風呂を持つ宿が多いのが魅力です。北アルプスの槍ヶ岳・穂高岳への登山口でもあるため、登山シーズンになると多くの登山者で賑わいます。
  • このページで使用している写真・イラストはすべてイメージです。
  • このページは宿泊日が2019年10月1日~2020年3月31日と2020年4月1日~9月30日までの商品とを掲載しております。(一部異なるコースもございます。)