茨城 茨城

茨城県は、偕楽園や国営ひたち海浜公園で季節の花々を、筑波山や袋田の滝では四季折々で姿を変える風景を楽しめるなど、いつ来ても見所が満載です。鹿島神宮や笠間焼などの歴史や文化だけじゃなく、最先端科学を学べるつくば研究学園都市もある茨城県で、きっと新しい出会いが待っています。

キャンペーン期間:2021年1月31日 (日) まで ※一部設定期間が異なるコースもございます。


■対象商品:予約画面の「パッケージ詳細」ページに「Go To トラベル事業支援対象」と表記のある商品のみ対象となります。


※地域共通クーポンは10月1日以降ご出発の旅行に付与されます。

Go To トラベルキャンペーン
おすすめ商品

日帰りがない県の場合は以下の1つのボタンで。このテキストCPは削除してください。

※JR+宿泊商品の表示代金は2名1室利用時おとな1名様の旅行代金になります。

日帰りの設定がある県の場合は以下の形に。このテキストCPは削除してください。

※掲載されている情報は変更になることや臨時休業等で利用できない場合がございます。お出かけの際には、電話・ホームページ等で事前に確認されることをおすすめします。

地域のメッセージがここに入ります。地域のメッセージがここに入ります。地域のメッセージがここに入ります。地域のメッセージがここに入ります。(70文字ぐらい)

Go To トラベルキャンペーンを利用して旅を楽しもう!

個性豊かなライターが面白く、わかりやすく、グルメや観光情報をご紹介。

ひたちなか市は茨城県の海岸線に位置しています。那珂湊おさかな市場では新鮮な魚介類を味わえるお食事処が多数軒を連ねています!その他、ネモフィラやコキアで有名な国営ひたち海浜公園もございます。ぜひお越しください!

茨城県・つくば

筑波山

筑波山 秋のイメージ

筑波山 秋のイメージ 筑波山 ダイヤモンド筑波のイメージ 筑波山 夜景のイメージ

「西の富士、東の筑波」と称され、朝夕で山肌の色を変えることから「紫峰」とも呼ばれている筑波山。その優美な姿は多くの歌人を魅了し、万葉集や小倉百人一首などに数多く歌われています。筑波山には、筑波山を御神体とする「筑波山神社」、今にも落ちてきそうな頭上の岩に弁慶も躊躇したとされる「弁慶七戻り」、江戸時代から受け継がれる名物の「筑波山ガマの油売り口上」など、様々な伝説や言い伝えが存在し、筑波山丸ごとパワースポットとしても人気があります。

アクセス

■JR常磐線「土浦駅」をご利用の場合
・路線バス:【行き】土浦駅→沼田(約50分)~筑波山神社入口(約10分)~つつじヶ丘(約15分)
※沼田停留所で下車し、直行筑波山シャトルバスにお乗り換えください。
【帰り】つつじヶ丘~筑波山神社入口(約15分)~沼田(約10分)→徒歩→筑波山口(約3分)→土浦駅(約50分)
■つくばエクスプレス「つくば駅」をご利用の場合
・直行筑波山シャトルバス:つくば駅・つくばセンター~沼田(約30分)~筑波山神社入口(約10分)~つつじヶ丘(約15分)
・つくバス北部シャトル:つくば駅・つくばセンター~筑波山口(約35分)※シャトルバスの沼田停留所まで徒歩約3分

茨城県・奥久慈

袋田の滝

袋田の滝 紅葉のイメージ

袋田の滝 紅葉のイメージ 袋田の滝 新緑のイメージ 袋田の滝 吊橋のイメージ

日本三名瀑のひとつに数えられる袋田の滝。滝の流れが大岩壁を四段に落下することから、別名「四度(よど)の滝」とも呼ばれ、また一説には、その昔、西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したことからとも伝えられています。眺めていると心が魅了され、時が経つのも忘れてしまいます。

※営業時間等の詳しい情報は自治体のホームページをご確認ください。

アクセス

JR水郡線「袋田駅」からバスで約10分。
※西金駅~袋田駅間は代行バスが運行しております。

茨城県・大洗

大洗

大洗マリンタワーのイメージ

大洗マリンタワーのイメージ 大洗磯前神社 神磯の鳥居のイメージ アクアワールド茨城県大洗水族館のイメージ

大洗は茨城県の県央エリアで太平洋岸に位置する町。地上60mの大パノラマが広がる大洗のシンボル「大洗マリンタワー」や、神々しい日の出の瞬間を見ることが出来る大洗磯前神社の「神磯の鳥居」は人気の観光スポットです。

アクセス

【大洗駅まで】JR「水戸駅」より鹿島臨海鉄道 大洗鹿島線で約15分、またはバスで約30分、大洗駅入口下車、徒歩約5分。

茨城県・ひたちなか

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園 コキアのイメージ

国営ひたち海浜公園 コキアのイメージ 国営ひたち海浜公園 コスモスのイメージ 国営ひたち海浜公園 大観覧車「ブルーアイズ」のイメージ

開園面積約200haの広い園内が7つのエリアに分かれており、自然の中で楽しめるレジャースポットや花畑がある国営ひたち海浜公園。ネモフィラやジニア、ヒマワリ、コキアなど、四季折々の草花が訪れる人々の目を楽しませてくれます。園内には海抜100mからの眺望を楽しめる大観覧車がある遊園地「プレジャーガーデン」をはじめ、サイクリングやアスレチック、バーベキューなど、十人十色の時間を過ごすことができます。

営業時間:9時30分~17時
※月曜定休日(祝日の場合はその翌日)
※営業時間・休園日は季節により変動します。
料金:大人(高校生以上)450円、シルバー(65歳以上)210円、小・中学生 無料

アクセス

電車・バス/JR常磐線「勝田駅」からバスで約15分。
車/常陸那珂有料道路「ひたち海浜公園IC」すぐ。または常磐自動車道「日立南太田IC」から約30分。

  • 触るともふもふ柔らか! 気持ちいい!

    触るともふもふ柔らか! 気持ちいい!

  • 海といえば海産物!その場で浜焼きにしてくれるライブ感が楽しい!

    海といえば海産物!その場で浜焼きにしてくれるライブ感が楽しい!

ひたちなか市の太平洋岸に位置する「国営ひたち海浜公園」。丸々とした形が愛らしいコキアで埋め尽くされた“みはらしの丘”はまさに絶景!丘一面のコキアは最高にフォトジェニックでシャッターを押す手が止まりません!一面の緑を満喫した後は大洗周辺で循環バス「海遊号」で・・・

続きを読む

富山が誇る大自然「黒部峡谷」や日本の原風景が残る世界遺産の「五箇山合掌造り集落」など、富山随一の絶景スポットや温泉をめぐります。

富山のおすすめルート 富山のおすすめルート

納豆のイメージ

水戸

納豆

源義家が永保3年(1083)に水戸市に宿営した際、藁で包んでおいた馬の飼料の煮豆の残りが自然に発酵し、納豆ができたといわれています。水戸といえば納豆、というほどに有名になったのは、明治22年の水戸駅の開業に合わせ、駅前広場で売り出されたのがきっかけとされています。

あんこう鍋のイメージ

大洗

あんこう鍋

「あんこう鍋」は、「東のアンコウ 西のフグ」と並び称される茨城県を代表する冬の味覚です。あんこうはつぶれたような平たい体、大きな頭、巨大な口には鋭い歯が並ぶグロテスクな魚です。しかし、姿に合わずその味は淡白でコラーゲンたっぷり、肉は脂肪が少なく、低カロリーなため、女性にも人気です。

ほしいものイメージ

ひたちなか

ほしいも

全国シェア率9割以上を誇る茨城の「ほしいも」。さつまいもの生育に適した土壌や、冬場の気候風土が乾燥の工程に向いていたことなどから、全国へ誇る特産品へと発展していきました。ほしいもは食物繊維のほか、ビタミンやカリウムなどの栄養分が豊富に含まれています。

※こちらのダイナミックレールパック商品はGo To トラベルキャンペーン割引の適用対象外となります。

※こちらのダイナミックレールパック商品はGo To トラベルキャンペーン割引の適用対象外となります。

  • 記載している内容につきましては2020年9月18日現在の情報となります。
  • 各所要時間は目安となります。実際の公共交通機関等の所要時間につきましてはご確認ください。
  • 各スポットでの営業日・営業時間などはお客様各自でご確認ください。
  • ページ内で使用している画像は各自治体および観光協会よりご提供いただいた画像のほか、PIXTA等の画像を使用しております。