びゅうトラベル

北海道旅行

北海道旅行 道南(函館・大沼方面)エリア おすすめ観光スポット満載

北海道  函館・大沼旅行 北海道  函館・大沼旅行

函館・大沼方面に旅行に行こう!

函館エリアは100万ドルの夜景で有名な函館山やショッピングも楽しめる赤レンガ倉庫があるベイエリア、教会などが立ち並ぶ元町エリア、温泉街を楽しめる湯の川エリアなど見どころが満載。一方大沼エリアの魅力は自然が豊かなところ。新日本三景にも選出された大沼国定公園は季節ごとに変わる景色を楽しめます。

1泊2日限定!お得などうみん割ツアー

どうみん割とは、新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んだ旅行需要の早期回復を目的に、北海道が予算の範囲内で道内旅行商品の代金を割り引く制度です。
※予算に達した段階で終了となります。

■設定期間:2020年7月1日(水)~9月30日(水)
■往復JR+宿泊(連泊はできません)
■2名様からお申込み可
■旅行期間中、道民であることが条件となります。
宿泊施設や観光施設等で道民である証明書(運転免許証、健康保険証、パスポート、その他道民であることが確認できる書類)などにより、ご旅行者全員の確認をさせていただきます。各施設においては、お客様の商品利用時に住所が確認できるものをご持参いただく ようお願いします。
※ただし、保護者同伴の15歳以下(中学生まで)の方については不要。


群馬県・富岡

富岡製糸場

富岡製糸場のイメージ

富岡製糸場のイメージ 富岡製糸場 ブリューナ館のイメージ 富岡製糸場 東繭倉庫の展示のイメージ

1872年(明治5)に、明治政府が主要輸出品である生糸の品質向上と増産のために、器械製糸技術を普及させる目的で設立した官営のモデル工場です。1987年(昭和62)に操業を停止するまで様々な技術開発を続け、蚕の優良品種の開発とその普及も主導しました。また、和洋技術を混合した工場建築の代表とされ、創業当初の主要な施設がほぼ現存しています。

時間: 9時~17時(受付は16時30分まで)
※休場日:12月29日~12月31日
料金:大人 1,000円、高校・大学生 250円(要学生証)、小・中学生 150円

アクセス

電車/上信電鉄「上州富岡駅」から徒歩約15分。
車/上信越自動車道「富岡IC」から各市営駐車場まで約10分、無料駐車場から徒歩約20分。

  • 洋食屋さんならではのサクサク衣の「下仁田葱のフライ」

    洋食屋さんならではのサクサク衣の「下仁田葱のフライ」

  • 「下仁田のすき焼きは豚肉」ということで初めての豚すき焼き!

    「下仁田のすき焼きは豚肉」ということで初めての豚すき焼き!

上越新幹線に乗って、「おいしい群馬」の旅へ♪旬の下仁田ねぎを地元ならではの「豚のすき焼き」や「かき揚げ」などで楽しみ、地元のソウルフードともいえる「焼きまんじゅう」など、おなかいっぱい食べ歩き!帰りの高崎駅でも・・・

続きを読む

群馬県・吾妻

ロックハート城

ロックハート城のイメージ

ロックハート城のイメージ ロックハート城でのプリンセス体験のイメージ ロックハート城の城下町のイメージ

ロックハート城は日本で初めてヨーロッパの古城を移築、復元された映画の世界のようなテーマパークです。敷地内には、移築されたロックハート城や石造りの教会などが中世ヨーロッパの街並みを再現し、城内も当時のままです。お気に入りのドレスを選んで、プリンセス体験も楽しめます。

営業時間: 9時~17時(最終入場時間は16時30分まで)
料金: 大人 1,000円、中人(中高生) 800円、小人(4才〜小学生) 500円

アクセス

電車・バス/JR「沼田駅」からバスで約20分。
車/関越自動車道「沼田IC」から約20分。または関越自動車道「渋川伊香保IC」から約35分。

  • ロックハート城は食事までかわいい!

    ロックハート城は食事までかわいい!

  • やはり本物のお城の力はすごい!背景が安っぽくないですもの!

    やはり本物のお城の力はすごい!背景が安っぽくないですもの!

群馬の「沼田」へ母娘2ペアでママ友旅!一日中いられる道の駅として有名な「川場田園プラザ」でご当地グルメや芝すべりを楽しみ、「果実の里 原田農園」ではりんご狩りを体験。英国より移築した本物のお城「ロックハート城」でのプリンセス体験はインスタ映え間違いなしの・・・

続きを読む

群馬県・みなかみ町

みなかみ町大自然アクティビティ

みなかみラフティングのイメージ

みなかみラフティングのイメージ みなかみキャニオニングのイメージ みなかみレイクカヌーのイメージ

大型ゴムボートに乗って関東一の急流「利根川」を下っていくみなかみの「ラフティング」はまさに天然のジェットコースター!体ひとつで渓谷を滑り台のように滑り降りる「キャニオニング」や、奥利根湖、ならまた湖を舞台にガイドの完全サポート付きで安心の「カヌー体験」など、みなかみ町には夏にぴったりの大自然を五感で満喫できるウォーターアクティビティが満載です。

※料金などの詳細は各施設により異なります。

アクセス

電車・バス/JR「上毛高原駅」からタクシーで約20分。またはJR「水上駅」からタクシーで約10分。
車/関越自動車道「水上IC」から約15分。

  • 水、めちゃくちゃ気持ちいい……!

    水、めちゃくちゃ気持ちいい……!

  • 地上10mのハンモックの上で絶景ティータイム

    地上10mのハンモックの上で絶景ティータイム

夏休みにぴったりの渓流遊びをするなら、都内から約2時間で行ける「みなかみ町」がおすすめ!初心者でも大丈夫?と不安もあったけど、体験してみたらあまりの楽しさに子どものように・・・

続きを読む

富山が誇る大自然「黒部峡谷」や日本の原風景が残る世界遺産の「五箇山合掌造り集落」など、富山随一の絶景スポットや温泉をめぐります。

富山のおすすめルート 富山のおすすめルート

北海道・函館

恵山つつじ公園

恵山つつじ公園のイメージ

恵山つつじ公園のイメージ 恵山つつじ公園のイメージ 恵山つつじ公園のイメージ

恵山つつじ公園は、標高618メートルの活火山・恵山の山麓にある、つつじの花が美しく咲く公園です。赤いつつじの花は色鮮やかな燃えるような赤色で大迫力の絶景です。毎年5月下旬から6月上旬にかけて「恵山つつじまつり」も開催され、つつじのお花見が楽しめます。

アクセス

函館バス『恵山登山口』バス停下車後、徒歩約25分
または、JR「函館駅」から車で約1時間。

北海道・大沼

大沼国定公園

大沼国定公園のイメージ

大沼国定公園のイメージ 大沼国定公園のイメージ 大沼国定公園のイメージ

自然あふれる大沼国定公園は3つの湖や点在する大小様々な小島、沼、木々や動植物、そして駒ケ岳など大自然を楽しめます。また、観光案内所、交通施設、駐車場、さまざまな飲食店、特産品を扱う土産店が立ち並ぶ観光商店街、宿泊施設、手こぎボートや遊覧船などの湖上周遊やレンタサイクルに釣堀などの観光施設がたくさん集まっていて、大沼観光の中心となっています。
冬期には、大沼の冬の風物詩わかさぎ釣りやスノーモービルなども楽しめます。

公式サイト観光情報サイト「大沼ップ」

アクセス

JR「函館駅」からJR「大沼公園駅」まで特急「北斗」で約30分、普通列車で約50分。 バスご利用の場合は、函館バス(大沼公園経由鹿部行き)で『函館駅前』から『大沼公園』まで約70分。

焼きまんじゅうのイメージ

群馬

焼きまんじゅう

群馬を代表する県民食の「焼きまんじゅう」。小麦粉に米麴を入れて発酵させたまんじゅうを竹串に刺し、濃厚な甘味噌ダレを重ね塗りして香ばしく焼き上げます。古くから小麦が盛んに栽培されてきた群馬の「粉食文化」を象徴する一品です。

おっきりこみのイメージ

群馬

おきりこみ

「おきりこみ」は打ち粉がついたままの幅広の生うどんを醤油または味噌ベースの汁で煮込む郷土料理です。野菜やきのこなど旬の食材も具として入れるので栄養たっぷり。群馬のあたたかい「おふくろの味」です。

ソースかつ丼のイメージ

群馬

ソースかつ丼

「ソースかつ丼」は地元で人気のB級グルメ。卵でとじず、キャベツも乗ってないシンプルなかつ丼ですが、さらっとした甘めのソースがしみ込んでもさくさくしているカツを一口食べると肉の旨みがじゅわっと広がり、幸せな美味しさを堪能できます。

夏に旅行へ行こう!道内おすすめのツアーをピックアップしました!

■設定期間:2020年7月1日(水)~9月29日(火)

■往復JR(限定列車)+宿泊がセット

※こちらのダイナミックレールパック商品はGo To トラベルキャンペーン割引の適用対象外となります。

北海道 函館市内のモデルコース 北海道 函館市内のモデルコース

ラッキーピエロのハンバーガーのイメージ

函館

ラッキーピエロ

函館のご当地バーガーといえば「ラッキーピエロ」。ラッピ、ラキピの愛称で親しまれています。ハンバーガーは注文を受けてから作り始める「オーダーメイドシステム」で出来立てを食べることができます。チャイニーズチキンバーガーやラッキーエッグバーガーなど食べ応えがあるハンバーガーメニューがたくさん。

大沼だんごのイメージ

七飯町

大沼だんご

「大沼国定公園」の中にある「沼の家」で販売されている「大沼だんご」。サイズは大と小、味は「胡麻&醤油」「餡&醤油」があります。だんごはもちもちとして柔らかく、食べやすい大きさです。賞味期限が当日中なので、つくりたての美味しさを楽しめます。

函館塩ラーメンのイメージ

函館

函館塩ラーメン

函館といえば「塩ラーメン」が有名です。札幌の味噌、旭川の醤油と並んで、函館の塩は北海道三大ラーメンのひとつとして愛されています。函館の塩ラーメンの特徴はさっぱりとした透明のスープ。さっぱりと飲みやすいので、最後まで飲み干してしまう人も多いそうです。

  • 記載している内容につきましては2022年4月13日現在の情報となります。
  • 各所要時間は目安となります。実際の公共交通機関等の所要時間につきましてはご確認ください。
  • 各スポットでの営業日・営業時間などはお客様各自でご確認ください。
  • ページ内で使用している画像は各自治体および観光協会よりご提供いただいた画像のほかPIXTA等の画像を使用しております。