山形 山形

東は出羽山地、西は日本海と山と海に囲まれた山形県。山形といえば、芭蕉の句で有名な山寺、出羽三山、最上川など豊かな自然に恵まれています。米どころ山形は全国屈指の酒どころでもあります。ここでは山形旅行に便利なおすすめの観光スポットやご当地グルメに温泉まで、山形旅行の魅力をたっぷりご紹介!

対象期間:宿泊は2021年2月1日(月)帰着、日帰り旅行は1月31日(日)帰着まで


■対象商品:
ダイナミックレールパックは、全商品対象。
びゅうパッケージツアーは、予約画面の「パッケージ詳細」ページに「Go To トラベル事業支援対象」と表記のある商品のみ対象。感染拡大状況によっては、対象外となる可能性がございます。

ダイナミックレールパック
おすすめ施設

列車と宿を自分で組み合わせて旅行の行程を作成する価格変動型の旅行商品です。

※ダイナミックレールパックは価格変動型の旅行商品です。

表示価格は、ページ作成時点でのGo To トラベルキャンペーン給付金を差し引いた「お支払い実額」となります。予約画面の列車・プラン選択で表示される価格は割引前の価格となります。

最終的な旅行代金、給付額、地域共通クーポン額、お支払い実額はお申込み手続きが完了する前の「取引条件説明書(兼予約内容確認書)」にてご確認ください。

 

※掲載されている情報は変更になることや臨時休業等で利用できない場合がございます。お出かけの際には、電話・ホームページ等で事前に確認されることをおすすめします。

山形県には通称「裏山寺」と呼ばれる「垂水遺跡」や、庄内の森に佇む「小野曽神社」など、知る人ぞ知る隠れスポットがたくさんあります。ぜひ、「あなたのまだ知らない山形」を発見する旅にいらしてください!

Go To トラベルキャンペーンを利用して旅を楽しもう!

個性豊かなライターが面白く、わかりやすく、グルメや観光情報をご紹介。

期間:2021年4月1日(木)~9月30日(木)

東北DC(東北デスティネーションキャンペーン)期間中に山形県を旅する方におすすめ!

名物料理や地酒など、ちょっとうれしいポイントが付いたお得なプラン。

山形県・山形

山寺

山寺(立石寺)五大堂のイメージ

山寺(立石寺)五大堂のイメージ 山寺(立石寺)開山堂・納経堂のイメージ 山寺 (立石寺)根本中堂のイメージ

山寺の通称で知られる「宝珠山 立石寺(ほうじゅさん りっしゃくじ)」は、貞観2年(860)清和天皇の勅願によって慈覚大師が開いた天台宗のお山。
松尾芭蕉が「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の名句を紀行文「おくのほそ道」に残したことでも知られています。

1015段もある長い石段を登って奥之院を目指すのが王道の参拝ルート。この石段は登ることにより煩悩が消滅すると言われているありがたい修行の石段。

まずは、登山口から奥之院を目指さして歩き始め、「根本中堂(こんぽんちゅうどう)」へ。ブナ材の建築物では日本最古で、国の重要文化財にも指定されています。せみ塚、弥陀洞(みだほら)、仁王門を過ぎ、「開山堂・納経堂」へ。雄大な山々を背景に赤い納経堂が巨大な奇岩の上に建つ様は、山寺を代表する眺めです。そして最後は絶景で有名な「五大堂」へ。断崖に突き出すように建てられているお堂から東北の山々や眼下には山寺の街並みが広がります。

アクセス

JR「山寺駅」から徒歩約7分。

  • 弘前の桜を満喫。一度は見てみたい花筏の絶景に酔いしれる

    弘前の桜を満喫。一度は見てみたい花筏の絶景に酔いしれる

  • 大正浪漫喫茶室 スイーツセット

    大正浪漫喫茶室 スイーツセット

毎年4月下旬から5月上旬に開催される「弘前さくらまつり」。外濠の花筏(はないかだ)が美しく、この絶景を目当てに、世界中から観光客が訪れるほど人気です。歩き疲れたら「大正浪漫喫茶室」でぜひ休憩を!特に弘前スイーツ「アップルパイ」がおすすめです。

続きを読む

山形県・戸沢村

最上川舟下り

最上川舟下りのイメージ

最上川舟下りのイメージ 最上川舟下り 船内のイメージ 最上川舟下り 船番所門前のイメージ

季節ごとに美しい表情をみせる最上峡。船上から景勝地を眺め、その絶景を船頭の名調子とともに楽しむのが「最上川舟下り」です。 最上川の流れに身をまかせ、雄大な自然の中を船頭の舟唄を聞きながらゆっくりと下る舟下りは、四季を通じていつでも楽しめます。

【最上峡芭蕉ライン】
※営業時間・料金等、詳細は施設のホームページよりご確認ください。

アクセス

JR陸羽西線「古口駅」より徒歩約5分。

           
  • 冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

    冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

  •        
  • 七厘村で乾杯!

    七厘村で乾杯!

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に泊まり、冬しか見ることのできない絶景を奥入瀬で楽しみましょう。絶景を満喫した後は、雪見露天風呂に癒されたり、魚介やりんごなどの青森のおいしいものを堪能する旅へ

続きを読む

山形県・山形

文翔館

文翔館 外観のイメージ

文翔館 外観のイメージ 文翔館 旧県議会議事堂のイメージ 文翔館 中央階段のイメージ

大正ロマンの薫りを今に伝えるレンガ造りの遺構。1916年(大正5年)に建てられた英国近世復興様式の建物で、1975年(昭和50年)まで山形県の県庁舎及び県会議事堂として使用されていました。 1984年(昭和59年)に国の重要文化財に指定された後、保存修復工事を経て、現在は山形県郷土館「文翔館(ぶんしょうかん)」として一般公開されているほか、近年は映画等のロケ地としても使用されています。

アクセス

JR「山形駅」から市役所経由路線バスで『市役所前』下車、徒歩約1分 。
JR「山形駅」東口からベニちゃんバス東くるりん、または、西くるりん乗車し『旅篭町2丁目』下車、徒歩約5分。

山形県・鶴岡

羽黒山・出羽三山神社

羽黒山の爺スギのイメージ

羽黒山の爺スギのイメージ 羽黒山 五重塔のイメージ 出羽三山神社のイメージ

羽黒山(はぐろさん)、月山(がっさん)、湯殿山(ゆどのさん)を擁する出羽三山(でわさんざん)は、古くより、西の伊勢神宮に詣でることを「西の伊勢参り」、東の出羽三山に詣でることを「東の奥参り」と称し、双方を詣でることは重要な人生儀礼のひとつとされておりました。
中でも、山岳信仰の中心地として知られている羽黒山は標高414mの山で、開山は古く推古元年(592年)となります。会津や平泉と共に東北仏教文化の中心であっただけに、数々の文化財に富んでいます。

■出羽三山神社
羽黒山頂にあり、月山、羽黒山、湯殿山の三神を合祭し、年中の行事はここで三神社同時に行われます。

■国宝・羽黒山五重塔
羽黒山参道、一の坂上り口の杉並木の中にあり、東北地方では最古の塔といわれ、平将門の創建と伝えられています。現在の塔は、約600年前に再建されたものといわれています。高さが29mの三間五層柿葺素木造で、昭和41年には国宝に指定されました。近くには樹齢1000年、樹の周囲10mの巨杉「爺杉(じじすぎ)」があります。

アクセス

羽黒山:JR「鶴岡駅」からバスで約50分『羽黒山頂』下車。
羽黒山五重塔:JR「鶴岡駅」からバスで約35分『随神門』下車、徒歩約10分。

           
  • 冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

    冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

  •        
  • 七厘村で乾杯!

    七厘村で乾杯!

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に泊まり、冬しか見ることのできない絶景を奥入瀬で楽しみましょう。絶景を満喫した後は、雪見露天風呂に癒されたり、魚介やりんごなどの青森のおいしいものを堪能する旅へ

続きを読む

山形県・鶴岡

鶴岡市立加茂水族館

鶴岡市立加茂水族館 クラゲのイルミネーションのイメージ

鶴岡市立加茂水族館 クラゲのイルミネーションのイメージ 鶴岡市立加茂水族館 ラビアータのイメージ 鶴岡市立加茂水族館 クラゲドリームシアターのイメージ

鶴岡市立加茂水族館(つるおかしりつかもすいぞくかん)は、世界一のクラゲの水族館と言われ、常時60種類以上のクラゲを展示しています。クラゲの展示数が充実しているため「クラゲドリーム館」という愛称も持ちます。

目玉はなんといっても「クラゲドリームシアター」。 世界最大級・直径5mの水槽の中には、約1万匹のミズクラゲがゆらゆら漂い、まるで海の中にいるかようです。水槽の中で美しくライティングされたクラゲたちは、とても幻想的で見る者の心を奪います。

館内のレストランでは、クラゲラーメンやクラゲアイスなど、ここでしか味わえない料理をお楽しみ頂けます。

アクセス

JR羽越本線「鶴岡駅」からバスで約30分『加茂水族館』下車。

富山が誇る大自然「黒部峡谷」や日本の原風景が残る世界遺産の「五箇山合掌造り集落」など、富山随一の絶景スポットや温泉をめぐります。

富山のおすすめルート 富山のおすすめルート
山形市内・蔵王・寒河江 かみのやま・赤湯温泉・高畠 天童・村山・銀山温泉 新庄・最上 酒田・鶴岡・湯野浜・温海温泉 米沢・小野川・白布温泉 山形市内・蔵王・寒河江 かみのやま・赤湯温泉・高畠 天童・村山・銀山温泉 新庄・最上 酒田・鶴岡・湯野浜・温海温泉 米沢・小野川・白布温泉

※表示は代表的な泉質であり、施設によって泉質が異なる場合がございます。 

玉こんにゃくのイメージ

山形市内

玉こんにゃく

山形県民のソウルフード「玉こんにゃく」。
山寺(立石寺)を開いた僧「円仁」が山形にこんにゃくを伝え、これを食べやすいように丸い団子状にして串に刺したの「玉こんにゃく」と言われております。だし醤油がしっかりと染み込んだこんにゃくは、味わい深くクセになる味です。

米沢牛のイメージ

置賜地方

米沢牛

山形県置賜(おきたま)地方で生産された黒毛和牛が、一定の基準を満たしたものが「米沢牛」となります。生後32ヶ月間と長期間飼育されているものも多いので、米沢牛の赤身には十分に脂身が浸透し、ステーキやしゃぶしゃぶ、すき焼きにしていただくととろけるような味わいです。

山形の地酒のイメージ

各エリア

山形の地酒

おいしい「水」と「米」、そして「酒を知り尽くしたつくり手」その全てがそろう山形は、現在県内には53の酒蔵があり、江戸時代以前から代々受け継がれてきた老舗も多い。
出羽桜をはじめ十四代、くどき上手、初孫などプレミアム銘柄を数々輩出している全国屈指の酒どころです。

Go To トラベル
おすすめパッケージツアー

ホテルや旅館などの宿泊施設またはさまざまな観光施設の入場券などと、往復の交通手段がセットになっている旅行商品です。

※表示代金は2名1室利用時おとな1名様の旅行代金になります。

  • 記載している内容につきましては2021年5月13日現在の情報となります。
  • 各所要時間は目安となります。実際の公共交通機関等の所要時間につきましてはご確認ください。
  • 各スポットでの営業日・営業時間などはお客様各自でご確認ください。
  • ページ内で使用している画像は各自治体および観光協会よりご提供いただいた画像のほか、PIXTA等の画像を使用しております。