びゅうトラベル

記事一覧

奥入瀬渓流のハイキングコース・見どころを紹介 気持ち良い景色と空気を堪能しよう

奥入瀬渓流のハイキングコース・見どころを紹介 気持ち良い景色と空気を堪能しようのイメージ 奥入瀬渓流のハイキングコース・見どころを紹介 気持ち良い景色と空気を堪能しようのイメージ
奥入瀬渓流のハイキングコース・見どころを紹介 気持ち良い景色と空気を堪能しよう画像素材:PIXTA

奥入瀬渓流のハイキングコース・見どころを紹介 気持ち良い景色と空気を堪能しよう

2021.03.05 公開

  • twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • lineでシェアする

青森県と秋田県にまたがる十和田湖畔に広がる森林は、手つかずの自然が多く残された原生林です。奥入瀬渓流は十和田湖からこの原生林の奥地へと流れる河川で、渓流沿いには様々な動植物が生息し、一年を通して多くの方がハイキングを楽しんでいます。

今回は、奥入瀬渓流のハイキングコースや見どころをご紹介します。

奥入瀬渓流のイメージ 奥入瀬渓流のイメージ
奥入瀬渓流画像素材:PIXTA 

十和田八幡平国立公園内に位置する奥入瀬渓流は、十和田湖から流れる河川です。「焼山(やけやま)」から「子ノ口(ねのくち)」まで約14kmの渓流を「奥入瀬渓流」と呼び、渓流沿いのハイキングコースでは豊かな自然や滝、奇岩からなる美しい渓流美を楽しめます。

 

奥入瀬渓流へは、「八戸駅」または「新青森駅」からバスでアクセスできます。奥入瀬渓流にはハイキングの終始点となる「焼山」「子ノ口」以外にもバス停が点在し、下車する停留所によりバスの所要時間は異なります。

 

全体の散策にかかる時間(徒歩)は約4~5時間ですが、事前にハイキングコースを決めておくと、目当てのコース以外はバスで移動するなどの工夫も可能です。

 

奥入瀬渓流で休憩がとれるポイントは「子ノ口」「焼山」のほか、

・玉簾の滝付近(トイレあり)
・石ヶ戸バス停付近(トイレ、売店、休憩所あり)
・黄瀬川付近(トイレあり)

上記の3箇所となります。ハイキングコースの特徴や所要時間をチェックして、無理なく楽しめるプランを立てましょう。

 

徒歩移動、バス移動のほかに、レンタサイクルを利用したサイクリングも可能です。

住所
青森県十和田市大字奥瀬
アクセス方法
「八戸駅」または「新青森駅」よりバス利用
レンタサイクル

・貸出期間 4月1日~11月30日(予定)
・貸出返却場所 奥入瀬渓流間(焼山)、石ヶ戸休憩所、十和田湖観光汽船子ノ口案内所
・営業時間 8:00~16:30
奥入瀬渓流のイメージ 奥入瀬渓流のイメージ
奥入瀬渓流画像素材:PIXTA 

奥入瀬渓流のハイキングコースをご紹介します。コースの特徴や所要時間をチェックし、奥入瀬渓流のハイキングプランにお役立てください。

十和田湖畔子ノ口のイメージ 十和田湖畔子ノ口のイメージ
十和田湖畔子ノ口画像素材:PIXTA 

奥入瀬渓流の全行程(焼山~子ノ口)は約14km、所要時間約4~5時間のハイキングコースです。主要な地点間の距離や所要時間については、以下をご確認ください。

<奥入瀬渓流の全行程(焼山~子ノ口)>

地点 距離 所要時間
焼山
約5.3km 約100分
石ヶ戸
約1.3m 約30分
馬門岩
約1.3km 約30分
雲井の滝
約2.0km 約50分
玉簾の滝
約1.5km 約35分
白糸の滝
約1.2km 約30分
銚子大滝
約1.6km 約30分
子ノ口

奥入瀬渓流の全行程を歩くと半日程度の時間がかかります。整備された遊歩道を進めるため足腰に大きな負担はかかりにくいですが、長距離のハイキングとなるため、体力に自身がある方や長時間のハイキングに慣れている方におすすめのコースといえます。

また、日帰り旅行なら早朝の出発を、宿泊予定があればチェックイン(チェックアウト)の時刻に余裕を持たせたプランがおすすめです。

石ヶ戸のイメージ 石ヶ戸のイメージ
石ヶ戸画像素材:PIXTA 

「石ヶ戸」~「子ノ口」までは約8.9km、所要時間約3時間半のコースとなります。全行程のハイキングに比べて距離・所要時間が短くなりますが、奥入瀬渓流で主要な見どころはおおよそチェックできます。

 

かぎられた時間で奥入瀬渓流のハイキングを楽しみたい方や、負担を抑えつつ長時間のハイキングに挑戦したい方におすすめのコースです。

 

奥入瀬渓流には「石ヶ戸」以外にもいくつかのバス停があります。奥入瀬渓流でチェックしたいポイントが決まっている方は、最寄りのバス停までバス移動をしながら渓流沿いの散策を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

奥入瀬渓流のバス停は、主に以下の場所となります。

・「焼山」付近
・「石ヶ戸」付近
・「馬門岩」付近
・「雲井の滝」付近
・「玉簾の滝」付近
・「銚子大滝」付近
・「子ノ口」付近
奥入瀬渓流のイメージ 奥入瀬渓流のイメージ
奥入瀬渓流画像素材:PIXTA 

奥入瀬渓流には、大自然が創り出す荘厳な見どころが満載です。ここでしか見られない渓流美を堪能するためにも、奥入瀬渓流を訪れたらチェックしたいポイントを見ていきましょう。

紫明渓のイメージ 紫明渓のイメージ
紫明渓画像素材:PIXTA 

紫明渓では幅広の川に無数の石が並び、川面に不規則な流れと盛り上がりが見られます。

上流からの渓流を下流側正面から見渡せるスポットで、川と近い距離のダイナミックな写真を撮るのにも適しています。

季節により周囲の景色が変わるため、訪れる時期によって雰囲気ががらりと変わるスポットです。

三乱の流れのイメージ 三乱の流れのイメージ
三乱の流れ画像素材:PIXTA 

焼山からのコースで最初のほうに見ることができるポイントです。

上流からの水量が豊富で岩の隙間を縫うように流れ落ちる流水を見られます。

点々と並ぶ大きな岩が川の流れを穏やかにしているため、ダイナミックな流れのなかにも美しさを感じられるポイントです。

5月には岩の上に「ムラサキヤシオ」が咲く様子を見られます。

石ヶ戸の瀬のイメージ 石ヶ戸の瀬のイメージ
石ヶ戸の瀬画像素材:PIXTA 

巨大な2つの岩が巨木にもたれるように立っている石ヶ戸。石ヶ戸の瀬にはさまざまな岩や地形があり、川の流れは場所により緩急が異なるのが特徴です。

付近の木橋から石ヶ戸の瀬全体を見渡したり、川縁まで降りて川の流れを間近で見たりできます。

阿修羅の流れのイメージ 阿修羅の流れのイメージ
阿修羅の流れ画像素材:PIXTA 

奥入瀬の渓流美を代表する荘厳な流れを見せるスポットです。川面近くまで茂る木々と清流の激しいしぶきが美しいコントラストをつくり、迫力ある景観を楽しめます。

阿修羅の流れは景勝地にも指定され、ハイキングシーズンには多くの旅行客で賑わいます。

白糸の滝のイメージ 白糸の滝のイメージ
白糸の滝画像素材:PIXTA 

悠々と茂る木々の間を白糸のように落ちる細く美しい滝です。遊歩道から見て、白糸の滝は川の奥手にあります。

滝の垂直な流れに反するように眼前には穏やかな流れが広がり、静寂なひとときを過ごせます。白糸の滝の美しさは日本の滝100選に選出されているほか、世界文化遺産にも登録されています。

銚子大滝のイメージ 銚子大滝のイメージ
銚子大滝画像素材:PIXTA 

幅約20m、高さ約7mの銚子大滝は水量が多く、奥入瀬渓流に点在する滝のうち、もっとも大きな規模を誇ることで知られます。激しく舞うしぶきは霧となって周囲に漂い、清らかな空気を作り出しています。

 

また、銚子大滝の激しい流れは十和田湖へ遡上しようとする魚を防ぐことから「魚止の滝」とも呼ばれています。

自然の節理によって十和田湖の生態系を守り、昔から変わらぬ姿で訪れる多くの人々を魅了し続けています。

奥入瀬渓流のイメージ 奥入瀬渓流のイメージ
奥入瀬渓流画像素材:PIXTA 

奥入瀬渓流のハイキングコースは整地された遊歩道がほとんどで、一般的な自転車でもサイクリングが可能です。

 

ただ、森林の渓流沿いに広がるハイキングコースは一年を通して湿度が高く、コースによっては苔や落ち葉で滑りやすくなっている可能性もあります。

奥入瀬渓流を訪れる際は必ず渓流沿いのハイキングに適した服装で、動きやすさや安全性を重視しましょう。

 

ここからは、奥入瀬渓流のハイキングへ行く前に知っておきたい「服装」や「帰りの手段」をチェックしていきましょう。

服装のイメージ 服装のイメージ
(イメージ画像素材:PIXTA 

奥入瀬渓流周辺は東京の平均気温と比較して7度以上の温度差となる場合もあります。

夏でも比較的涼しい気候となるため、季節を問わず長袖・長ズボンの着用をおすすめします。

長袖・長ズボンの着用は、転んだ際や草木が擦れることによる傷・ケガの防止、虫刺されの防止にもなります。

 

また、ぬかるみや滑りやすい場所が多いため、水濡れに強く歩きやすい靴を着用しましょう。ハイキングコースのほとんどが木々に囲まれ日陰となるため帽子は必須ではありませんが、着用すると防寒対策や虫刺されの防止になります。

十和田湖観光交流センターぷらっとのイメージ 十和田湖観光交流センターぷらっとのイメージ
十和田湖観光交流センターぷらっと画像素材:PIXTA 

ハイキングを楽しんだ後は、「バス」または「レンタサイクル」で「焼山」まで移動しましょう。

バスは最寄りのバス停から、レンタサイクルは「子ノ口」または「石ヶ戸」でレンタルできます。

「焼山」からは、JRバスまたは路線バスで各方面への帰路につくことができます。

JRバス
「青森方面」「新青森駅方面」「八戸駅方面」
路線バス
「十和田市方面」

奥入瀬渓流のハイキングコースは全行程で約14km(所要時間約4~5時間)と本格的ですが、出発地点や終了地点によっては短時間のハイキングコースとすることも可能です。

徒歩やバス、レンタサイクルなど移動方法を組み合わせながら、理想のハイキングコースやプランを立ててみてはいかがでしょうか。

 

びゅうトラベルでは十和田湖や奥入瀬渓流の散策にぴったりな、青森旅行プランを豊富に取りそろえています。奥入瀬渓流のハイキングができる青森旅行に、ぜひご利用ください。

※本記事は2021年3月時点での情報となります。

※本記事に掲載の施設やイベントの営業時間は変更または中止となる可能性があります。詳しくは公式ホームページをご確認ください。

おすすめ商品

びゅうたび

東北旅行

  • JR+宿泊(ダイナミック
    レールパック)
    往復JRと宿泊等を
    自由に組み合わせ
    ?
  • パッケージ
    ツアー
    (びゅう) 東日本エリアへの
    宿泊・日帰りツアー
    ?
  • マップから探す
  • 条件から探す

マップから探す

必ずお読みください
池袋 水道橋 新宿 海浜幕張 舞浜 新木場 横浜 川埼 品川 浜松町 東京 秋葉原 上野 大宮 渋谷 高徳院大仏 横浜中華街 しながわ水族館 羽田空港 東京ディズニーリゾート ® 幕張メッセ 日本武道館 東京タワー SHIBUYA109 竹下通り 明治神宮 新国立劇場 東京都庁 江戸東京博物館 両国国技館 東京スカイツリー 東京ドーム 浅草寺 上野動物園 サンシャイン水族館 鉄道博物館
  • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。
  • ※地図上にないエリアは「条件から探す」タブから検索してください。

JR+宿泊を組み合わせて探す

JR+宿泊 (ダイナミックレールパック)

往復JRと宿泊等を
自由に組み合わせ
?
必ずお読みください

コース
内容

出発地必須

宿泊地必須

宿泊日

  • 泊数

人数

こだわり条件
宿タイプ
部屋タイプ
食事条件

乗車駅・乗車時間を指定する

行きの列車

乗車日
  • 以降に乗車
  • ※新幹線・特急列車等乗車時刻
    例:横浜→東京→(新幹線)→仙台の場合、東京駅の新幹線乗車時刻
      となります。

帰りの列車

乗車日
  • 以降に乗車
  • ※新幹線・特急列車等乗車時刻
  • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。
  • マップから探す
  • 条件から探す

マップから探す

必ずお読みください
池袋 水道橋 新宿 海浜幕張 舞浜 新木場 横浜 川埼 品川 浜松町 東京 秋葉原 上野 大宮 渋谷 高徳院大仏 横浜中華街 しながわ水族館 羽田空港 東京ディズニーリゾート ® 幕張メッセ お台場 日本武道館 東京タワー SHIBUYA109 竹下通り 明治神宮 新国立劇場 東京都庁 江戸東京博物館 両国国技館 東京スカイツリー 東京ドーム 浅草寺 上野動物園 サンシャイン水族館 鉄道博物館
  • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。
  • ※地図上にないエリアは「条件から探す」タブから検索してください。

パッケージツアーから探す

パッケージツアー (びゅう)

東日本エリアへの
宿泊・日帰りツアー
?
必ずお読みください

コース
内容

出発地必須

目的地必須

出発日

  • 日数
  • ※2連泊以上の検索の場合でも日数は「2日間」を選択してください。泊数は後程ご入力いただけます。

人数

目的・テーマで絞り込む
    • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。