びゅうトラベル

東北旅行 おすすめ観光スポット満載

東北 東北

春夏秋冬、どの季節に訪れても楽しめる東北地方。豊かな自然が織りなす絶景、重要文化財・史跡も多く見どころいっぱいです。

青森、秋田、岩手、宮城、山形、福島と東北6県それぞれのおすすめの観光スポット、美味しいご当地グルメや郷土料理、人気の温泉をご紹介。

青森県 / 秋田県

白神山地

白神山地 青池のイメージ

白神山地 青池のイメージ 白神山地 ブナ自然林のイメージ 白神山地 日本キャニオンのイメージ

世界自然遺産の「白神山地」は、秋田県北西部と青森県南西部にまたがる、世界最大級の原生的なブナ林。総面積は約13万ヘクタール、その中心部1万139ヘクタールを核心地域(コアエリア)、周辺を緩衝地域(バッファゾーン)と呼んでいる。 ブナ原生林を主体とする世界でも最大級の手つかずの自然の宝庫。天然記念物のクマゲラをはじめ学術的にも貴重な動植物が生息し、大自然の素晴らしさを肌で感じられます。

【青池】
白神山地の西麓にブナ林の中に点在する33 の湖沼群の総称「十二湖」。なかでも「青池」は特に美しく、透き通ったコバルトブルーの湖水で人気。陽射しによって色が変わり、湖底に沈んだブナの古木や泳ぐ魚が見えるほどの透明度を誇ります。

アクセス

白神山地ビジターセンター:JR「弘前駅」から弘南バスにて約55分『田代(西目屋村役場前)』下車。
津軽国定公園 十二湖:JR「十二湖駅」から徒歩約30分。

  • 秋田~青森の日本海側を縦断する「リゾートしらかみ」。

    秋田~青森の日本海側を縦断する「リゾートしらかみ」。

  • 憧れのひょうたん風呂、どんより空模様…!

    憧れのひょうたん風呂、どんより空模様…!

乗り込むのは、秋田~青森の日本海側を縦断する「リゾートしらかみ」。青森の温泉やら絶景やらグルメやらを楽しむ1泊2日の旅行をしてまいりました・・・

続きを読む

秋田県・男鹿

雲昌寺あじさい

雲昌寺あじさいのイメージ

雲昌寺あじさいのイメージ 雲昌寺あじさいのイメージ 雲昌寺あじさいのイメージ

「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」の公式WEBサイトに2017年国内ベスト絶景第1位に選ばれた雲昌寺のあじさい。見頃は例年6月中旬~7月上旬頃。副住職の古仲宗雲さんが15年を超える歳月を費やし手植えしたもので、1株から1500株以上に株分けしたあじさいは、独自の育成方法によって1株につく花の数が多く、満開の頃には一面が青色に染まります。日中はもちろん夕映えに照らされたあじさいも絶景です。夜間ライトアップの特別観覧もあり、昼夜違った表情のアジサイを楽しめます。

公式サイト雲昌寺のあじさい|男鹿なび

アクセス

JR「男鹿駅」から男鹿半島あいのりタクシーなまはげシャトルにて40分。

岩手県・宮古

浄土ヶ浜

浄土ヶ浜のイメージ

浄土ヶ浜のイメージ 浄土ヶ浜 夕景のイメージ 浄土ヶ浜 青の洞窟のイメージ

三陸復興国立公園・三陸ジオパークの中心に位置する「浄土ヶ浜」は、宮古の代表的な景勝地。「浄土ヶ浜」の地名は、およそ400年前にこの地を訪れた僧(宮古山常安寺七世の霊鏡竜湖)が、「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名付けられました。マグマの働きによりできた流紋岩が林立し、多彩な表情の岩が海岸線を彩ります。

公式サイト岩手県宮古市 浄土ヶ浜

アクセス

JR「宮古駅」から岩手県北バスにて約20分『奥浄土ヶ浜』下車、徒歩すぐ。

宮城県・松島町

松島

松島湾のイメージ(写真提供:宮城県観光プロモーション推進室)

松島湾のイメージ(写真提供:宮城県観光プロモーション推進室) 松島 四大観 大高森(壮観)のイメージ 松島 五大堂のイメージ(写真提供:宮城県観光プロモーション推進室)

日本三景で知られる松島はリアス式海岸が美しく、大小260もの島が浮かぶ人気の観光地です。松島には、「四大観」と呼ばれる4つの絶景スポットがあり、それぞれ「壮観」「麗観」「偉観」「幽観」と言われ、異なる眺めが楽しめます。日本三景の美しさはもちろん、国宝「瑞巌寺」や紅葉で有名な「円通院」、松島のシンボル「五大堂」など、パワースポット巡りもおすすめです。

【五大堂】
慈覚大師が一木彫りの五大明王像(国重文)を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになった。 現在の建物は、伊達政宗公が桃山式建築の粋を尽くして完成させたもので、国の重要文化財。

アクセス

JR「仙台駅」から仙石線で「松島海岸駅」まで約45分。
JR「仙台駅」から仙石線で「本塩釜駅」まで約30分。
JR「仙台駅」から東北本線で「松島駅」まで約25分

  • 弘前の桜を満喫。一度は見てみたい花筏の絶景に酔いしれる

    弘前の桜を満喫。一度は見てみたい花筏の絶景に酔いしれる

  • 大正浪漫喫茶室 スイーツセット

    大正浪漫喫茶室 スイーツセット

毎年4月下旬から5月上旬に開催される「弘前さくらまつり」。外濠の花筏(はないかだ)が美しく、この絶景を目当てに、世界中から観光客が訪れるほど人気です。歩き疲れたら「大正浪漫喫茶室」でぜひ休憩を!特に弘前スイーツ「アップルパイ」がおすすめです。

続きを読む

  • むきたてのプリプリ紫ウニ!

    むきたてのプリプリ紫ウニ!

  • 大将自慢のオリジナル蟹つまみ!

    大将自慢のオリジナル蟹つまみ!

宮城県を代表する漁港の町・塩釜と、日本三景にも選ばれる景勝地として知られる松島。ともにさまざまな海の幸や、歴史ある地酒がそろう美食エリアでもあります。酒と食を愛する編集者・ツレヅレハナコが、満腹ひとり旅に出発・・・

続きを読む

山形県・山形

蔵王温泉

蔵王温泉大露天風呂のイメージ

蔵王温泉大露天風呂のイメージ 蔵王温泉 上湯共同浴場のイメージ 山形酒のミュージアムのイメージ

開湯1900年の歴史を誇る名湯「蔵王温泉」。豊かな自然と美人づくりの湯として知られる強酸性の硫黄泉が魅力の温泉地です。蔵王温泉には、共同浴場や日帰り入浴施設が多数あり、中でも特に有名なのが「蔵王温泉大露天風呂」です。野趣あふれる露天風呂で湯浴みが楽しめます。

温泉街には、山形県内49の蔵元の日本酒を取りそろえた「山形酒のミュージアム」や山形の郷土の味が堪能できる「湯けむり屋台 つまみ」などもあり、地酒やグルメも満喫できます。

公式サイト蔵王温泉大露天風呂
公式サイト山形酒のミュージアム&湯けむり屋台つまみ

アクセス

JR「山形駅」から山交バスにて約40分『蔵王温泉バスターミナル』下車。 蔵王温泉大露天風呂:蔵王温泉バスターミナルから徒歩約18分。
蔵王ロープウェイ:蔵王温泉バスターミナルから徒歩約15分 。

           
  • 冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

    冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

  •        
  • 七厘村で乾杯!

    七厘村で乾杯!

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に泊まり、冬しか見ることのできない絶景を奥入瀬で楽しみましょう。絶景を満喫した後は、雪見露天風呂に癒されたり、魚介やりんごなどの青森のおいしいものを堪能する旅へ

続きを読む

福島県・北塩原村

雄国沼湿原のニッコウキスゲ

雄国沼湿原のニッコウキスゲのイメージ

雄国沼湿原のニッコウキスゲのイメージ 雄国沼湿原のニッコウキスゲのイメージ 雄国沼湿原のニッコウキスゲのイメージ

標高1,000mの位置にある裏磐梯の雄国沼(おぐにぬま)湿原は、国の天然記念物に指定されており、数多くの湿原植物を観察できます。6月下旬から7月上旬には、ニッコウキスゲが湿原一面に咲き広がり黄色い絨毯を敷いたようです。ピーク時には、マイカーの通行規制が実施されシャトルバスが運行されます。

アクセス

JR「喜多方駅」から雄国萩平駐車場までバスで約30分。(車で約25分)
雄国萩平駐車場から金沢峠までバスで25分。
金沢峠から湿原までは徒歩約10分。
※マイカー規制期間:シャトルバス片道大人500円、小学生以下250円

           
  • 冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

    冬だけの絶景がここに…奥入瀬で氷瀑&温泉に酔いしれる

  •        
  • 七厘村で乾杯!

    七厘村で乾杯!

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」に泊まり、冬しか見ることのできない絶景を奥入瀬で楽しみましょう。絶景を満喫した後は、雪見露天風呂に癒されたり、魚介やりんごなどの青森のおいしいものを堪能する旅へ

続きを読む

  • 記載している内容につきましては2022年5月27日現在の情報となります。
  • 各所要時間は目安となります。実際の公共交通機関等の所要時間につきましてはご確認ください。
  • 各スポットでの営業日・営業時間などはお客様各自でご確認ください。
  • ページ内で使用している画像は各自治体および観光協会よりご提供いただいた画像のほかPIXTA等の画像を使用しております。

宿泊日と泊数、人数を選択してください

※宿泊日と乗車日を同日で検索します。乗車区間、乗車日を変更される場合は、結果画面にて変更してください。
※最大8名まで。おとな1名につき幼児(未就学児)は1名まで同伴できます。

宿泊日
から
おとな
こども
小学校高学年
小学校低学年
幼児
食事あり 布団あり
食事あり 布団なし
食事なし 布団あり
食事なし 布団なし