びゅうトラベルトップ

記事一覧

冬が来たら訪れたい!自然を満喫できる蔵王温泉

蔵王温泉街のイメージ 蔵王温泉街のイメージ
蔵王温泉街 画像素材:PIXTA
旅行前には要チェック!知っておきたい横浜のアレコレ! 旅行前には要チェック!知っておきたい横浜のアレコレ!
横浜 みなとみらい 画像素材:PIXTA

冬が来たら訪れたい!自然を満喫できる蔵王温泉

2019.11.14

  • twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • lineでシェアする

冬の蔵王は、樹氷やスキー、温泉など魅力がいっぱいです。

ここでは、自然が作る神秘の芸術でもある樹氷、日本でも最大級の広さを誇る蔵王スキー場、蔵王温泉の楽しみ方をご紹介します。

スノーモンスターとも呼ばれる「樹氷」のイメージ スノーモンスターとも呼ばれる「樹氷」のイメージ
スノーモンスターとも呼ばれる「樹氷」 画像素材:PIXTA

極寒の地でいくつかの条件が加わってできる樹氷は、まさに大自然が作り上げる芸術です。

樹氷を楽しむ方法として、展望台から樹氷の森を眺める方法と、近くまで行って眺める方法があります。

一番のピークは樹氷がもっとも育つ2月で、夜にライトアップされた神秘的な姿には、その美しさに誰もが言葉を失います。冬に蔵王を訪れるのなら、ぜひ蔵王温泉に宿泊して樹氷をお楽しみください。

樹氷のライトアップのイメージ 樹氷のライトアップのイメージ
樹氷のライトアップ 画像素材:PIXTA

蔵王連峰は熊野岳、屛風岳(びょうぶだけ)、刈田岳(かつただけ)、杉ヶ峰でなりたつ宮城県と山形県を南北に分ける奥羽山脈のひとつで、過去に40数回の火山活動のある活火山です。山岳道路「蔵王エコーライン」でつながる蔵王五色岳の山頂にある火山湖「御釜(おかま)」では、天候などでエメラルドグリーンに色の変わる湖を見ることができます。

 

大自然が織りなす壮大な芸術を見るために、国内外から多くの観光客が蔵王を訪れます。

特に1月~2月は樹氷だけではなく、スキーを楽しむ方々に加えて温泉客も訪れるため、蔵王が一番にぎやかになるシーズンです。

アクセス
JR山形駅から刈田山頂までバスで約1時間30分、「刈田山頂」で下車しすぐ
御釜のイメージ 御釜のイメージ
御釜 画像素材:PIXTA

蔵王の冬は寒さが厳しく、1~2月は平均気温がマイナス10度からマイナス15度の日が多くなり、風も強くなります。しかし、この厳しい環境が美しい樹氷を作るのです。

樹氷は、東北地方でも一部山域の亜高山地帯でしか見られないほど、特殊な条件が必要だといわれています。

その条件は、大きく分けると次の3つとなります。

 

1.一定方向から吹く強風で、多量の水滴と雪が運ばれること

2.氷や雪が付着しやすいアオモリトドマツなどの針葉樹があること

3.適度な量の積雪があること

 

こうした条件があるため、暖冬や雪が少ない年は樹氷が育たないことや、鑑賞できる時期が短縮されることもあります。

樹氷ができるまでには「着氷(ちゃくひょう)」「着雪(ちゃくせつ)」「焼結(しょうけつ)」の3つの過程があります。

 

1.着氷(11~12月)

雪雲が発生することで、その中の雲粒(うんりゅう、くもつぶ)がアオモリトドマツの枝や葉に付き、一瞬にして凍り付いて、しっぽのように伸びてくる

 

2.着雪(1月)

そのしっぽのようになった部分に雪が積もり更に大きく育っていく

 

3.焼結(2月)

氷点下が続くことで凍って固くなっていき、樹氷はどんどん大きく育っていく

 

3月になり雨が降り始めると気温が上昇して、樹氷はどんどん細くなり倒壊していきます。春一番が吹き始める頃には、樹氷はほとんど見られなくなります。

おすすめプラン

  • ✽ ダイナミックレールパックのご旅行代金は、随時変動いたします。同一のお申込み内容でも予約操作の時期により価格が変わる場合があります。
  •  
樹氷の合間でスキー・スノボを楽しめるのイメージ 樹氷の合間でスキー・スノボを楽しめるのイメージ
樹氷の合間でスキー・スノボを楽しめる 画像素材:PIXTA

冬の蔵王は樹氷を楽しめる時期でもあります。特に2月は樹氷が一番きれいに育ちやすく、ロープウェイで展望台から全体を眺めることや、雪上車ナイトクルーザーで樹氷の近くまで行くツアーに参加して、間近で樹氷を楽しむことができます。

 

また、蔵王スキー場は5月のゴールデンウィークまで雪があるので、春スキーも楽しめます。春から秋にかけては、ロープウェイやスカイケーブルで高い所から蔵王の景色を眺めることができ、大自然に触れながらハイキングやトレッキングもおこなえます。蔵王はブナやナラの木が多いため、鮮やかな赤や黄色に染まった紅葉が見られるのも蔵王ならではの楽しみです。

蔵王で樹氷を見るには大きく分けると、ロープウェイで展望台まで行って樹氷を見渡す方法と、雪上車のナイトクルーザー号で近くまで行って見る方法があります。それぞれ見ていきましょう。

ロープウェイ地蔵山頂駅付近から望む絶景のイメージ ロープウェイ地蔵山頂駅付近から望む絶景のイメージ
ロープウェイ地蔵山頂駅付近から望む絶景 画像素材:PIXTA

ロープウェイの終着駅「地蔵山頂駅」を降りてすぐに展望台があり、ここが一番の樹氷鑑賞エリアになります。

 

樹氷を見るのは、ライトアップされる17時~21時がおすすめです。標高1,661mの展望台から360度パノラマで見る樹氷の森は大迫力で、冷え込みの激しい日は夜空も美しく、イルミネーションと星空がコラボした風景は神秘的で別世界のように見えることでしょう。

ロープウェイの料金
おとな1,500円(往復2,800円)、こども800円(往復1,400円)
ナイトクルーザー号のイメージ ナイトクルーザー号のイメージ
ナイトクルーザー号 画像素材:PIXTA

ロープウェイ以外の方法では、雪上車のナイトクルーザー号で行く方法もありますが、この方法の場合はツアーに申し込むことになります。樹氷が見られる12月20日頃~3月初旬まで開催される「樹氷幻想回廊ツアー」では、暖房付きのナイトクルーザー号に乗ってライトアップされた樹氷を間近で鑑賞できる大好評のツアーです。

 

ツアーでは、まず蔵王山麓駅からロープウェイで樹氷高原駅まで行き、そこからナイトクルーザー号に乗り替えて樹氷観賞ポイント「山頂線4号支柱 上部」まで行きます。そこでは、5分間ほど下車して樹氷の鑑賞や写真撮影ができる時間がありますが、外はマイナス10度以下になることが予想されますので防寒は必須です。鑑賞が終わったら、またナイトクルーザー号で樹氷高原駅まで戻ります。

 

約60分間のツアーですが、雪上車でのドライブやライトアップされた樹氷を間近で見られるという、貴重な体験はなかなかできるものではありません。

冬の蔵王に行くなら、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

樹氷幻想回廊ツアーの代金
おとな 4,000円、こども 3,300円
(料金には、山麓線往復料金とナイトクルーザー乗車代金が含まれています。ツアーは事前予約が必要です。催行の日にちや時間は各公式サイトで確認できます。)
蔵王温泉スキー場のイメージ 蔵王温泉スキー場のイメージ
蔵王温泉スキー場 画像素材:PIXTA

日本でも最大級のスキー場でもある蔵王温泉スキー場には、シーズンになると多くのスキーヤーやスノーボーダーが訪れます。

 

コースは初心者向けから上級者向けまで多彩にあり、ゲレンデはとても広く、自分に合ったコースでゆったりと滑ることができます。その広さゆえにコースごとの移動が大変ですが、ロープウェイなどを利用して効率よく移動しましょう。

アクセス
JR山形駅から蔵王温泉スキー場までバスで約40分、「蔵王温泉」で下車し徒歩約5分
下湯共同浴場のイメージ 下湯共同浴場のイメージ
下湯共同浴場 画像素材:PIXTA

蔵王温泉は開湯から1900年という歴史ある温泉で、東北でも随一の強酸性であることから「美人づくりの湯」としても有名です。美肌効果や血行促進効果が期待できるため、温泉宿に宿泊しながら湯治をする人もいます。

 

蔵王温泉には、共同浴場や足湯など11の温泉施設があり、それぞれ特徴のある温泉を宿泊しなくても楽しむことができます。特に人気の温泉は、大自然に触れながら入れる渓流の「蔵王温泉大露天風呂」で、温泉特有の硫黄の香りがする100%源泉掛け流しの湯を楽しめます。

 

複数の温泉施設を利用したい場合、1,300円で販売されている「湯めぐりこけし」を購入すれば2つ以上の温泉を周遊できます。また、240円の追加料金で絵入れもできますので、蔵王旅行の記念に購入するのもおすすめです。

アクセス
JR山形駅から蔵王温泉までバスで約40分、「蔵王温泉」で下車しすぐ

蔵王は新鮮な乳牛の産地でもあり、牛乳を使ったチーズやスイーツがおいしいと評判です。

また、蔵王のブランド牛である「蔵王爽清牛(ざおうそうせいぎゅう)」は、蔵王町産のエコフィードを食べている牛なので安全で、脂肪分も少ないこともありダイエット中の方でも安心して食べられます。

 

そのほかにも、蔵王には桃、ブルーベリー、梨、りんごなどの果樹園もたくさんあり、シーズンには直接取って食べられる果物狩りなども楽しめます。

蔵王地蔵尊のイメージ 蔵王地蔵尊のイメージ
蔵王地蔵尊 冬の時期には肩まで雪に埋まりながら登山者を見守り続ける 画像素材:PIXTA

ロープウェイの地蔵山頂駅で下車して100mほど歩くと「蔵王地蔵尊」があります。

37年という長い年月をかけて作られた高さ2.34mの座像で、造立後に山で遭難する人が減ったことにより、諸願成就や災難よけとして今でも人気のパワースポットになっています。

また、毎年5月24日と9月24日の祭礼には、全国から蔵王地蔵尊を参拝するために多くの人が訪れます。

アクセス
JR山形駅から蔵王温泉までバスで約40分、蔵王温泉で下車し蔵王ロープウェイ 蔵王山麓駅まで徒歩9分、蔵王山麓駅から地蔵山頂駅までロープウェイで約17分

冬の蔵王での、樹氷や温泉の楽しみ方などについてご紹介しました。

蔵王には観光からグルメ、スポーツまでさまざまな魅力があります。『びゅうトラベル』では、蔵王を存分に楽しめるプランを数多くご用意していますので、ぜひご活用ください。

おすすめプラン

  • ✽ ダイナミックレールパックのご旅行代金は、随時変動いたします。同一のお申込み内容でも予約操作の時期により価格が変わる場合があります。
  •  

おすすめ商品

びゅうたび

温泉特集のバナーのイメージ

  • JR+宿泊(ダイナミック
    レールパック)
    往復JRと宿泊等を
    自由に組み合わせ
    ?
  • パッケージ
    ツアー
    (びゅう) 東日本エリアへの
    宿泊・日帰りツアー
    ?
  • マップから探す
  • 条件から探す

マップから探す

必ずお読みください
池袋 水道橋 新宿 海浜幕張 舞浜 新木場 横浜 川埼 品川 浜松町 東京 秋葉原 上野 大宮 渋谷 高徳院大仏 横浜中華街 しながわ水族館 羽田空港 東京ディズニーリゾート ® 幕張メッセ 日本武道館 東京タワー SHIBUYA109 竹下通り 明治神宮 新国立劇場 東京都庁 江戸東京博物館 両国国技館 東京スカイツリー 東京ドーム 浅草寺 上野動物園 サンシャイン水族館 鉄道博物館
  • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。
  • ※地図上にないエリアは「条件から探す」タブから検索してください。

JR+宿泊を組み合わせて探す

JR+宿泊 (ダイナミックレールパック)

往復JRと宿泊等を
自由に組み合わせ
?
必ずお読みください

コース
内容

出発地

宿泊地必須

宿泊日

  • 泊数

人数

こだわり条件
宿タイプ
部屋タイプ
食事条件

乗車駅・乗車時間を指定する

行きの列車

乗車日
  • 以降に乗車
  • ※新幹線・特急列車等乗車時刻
    例:横浜→東京→(新幹線)→仙台の場合、東京駅の新幹線乗車時刻
      となります。

帰りの列車

乗車日
  • 以降に乗車
  • ※新幹線・特急列車等乗車時刻
  • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。
  • マップから探す
  • 条件から探す

マップから探す

必ずお読みください
池袋 水道橋 新宿 海浜幕張 舞浜 新木場 横浜 川埼 品川 浜松町 東京 秋葉原 上野 大宮 渋谷 高徳院大仏 横浜中華街 しながわ水族館 羽田空港 東京ディズニーリゾート ® 幕張メッセ お台場 日本武道館 東京タワー SHIBUYA109 竹下通り 明治神宮 新国立劇場 東京都庁 江戸東京博物館 両国国技館 東京スカイツリー 東京ドーム 浅草寺 上野動物園 サンシャイン水族館 鉄道博物館
  • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。
  • ※地図上にないエリアは「条件から探す」タブから検索してください。

パッケージツアー(オンライン)から探す

パッケージツアー (びゅう)

東日本エリアへの
宿泊・日帰りツアー
?
必ずお読みください

コース
内容

出発地

目的地必須

出発日

  • 日数
  • ※2連泊以上の検索の場合でも日数は「2日間」を選択してください。泊数は後程ご入力いただけます。

人数

目的・テーマで絞り込む
    • ※お申込み可能時間は5:30~23:40までとなります。23:40までにお申込み操作を完了してください。