びゅうトラベル

記事一覧

静岡グルメの定番をずらっとご紹介!新旧のご当地グルメを食べつくそう!

静岡グルメの定番をずらっとご紹介!新旧のご当地グルメを食べつくそう!のイメージ 静岡グルメの定番をずらっとご紹介!新旧のご当地グルメを食べつくそう!のイメージ
静岡グルメの定番をずらっとご紹介!新旧のご当地グルメを食べつくそう!画像素材:PIXTA

静岡グルメの定番をずらっとご紹介!新旧のご当地グルメを食べつくそう!


2022.06.03 公開

  • twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • lineでシェアする

ご当地でしか味わえないグルメを堪能するのは、旅の醍醐味といえるでしょう。全国各地、さまざまなグルメがありますが、独自の食文化を持つ静岡県はご当地グルメの宝庫です。古くから親しまれているソウルフードに加え、新たなグルメも登場しています。

 

今回は、静岡の新旧のご当地グルメ、静岡グルメ旅のおすすめエリアをご紹介します。

静岡グルメの特徴は?のイメージ 静岡グルメの特徴は?のイメージ
静岡グルメの特徴は?画像素材:PIXTA

日本列島のほぼ中心に位置する静岡県は、東西に155kmという広大な面積を誇ります。海、川、山、温泉と観光資源が豊富な静岡県は、以下のように4つのエリアで異なる魅力を持ちます。

・雄大な自然と温泉が楽しめる伊豆エリア
・世界文化遺産である富士山を擁する富士エリア
・静岡市街から大井の秘境を含む中部エリア
・浜名湖と茶畑が広がる西部エリア

長い海岸線には黒潮が流れ、数多くの漁場がある静岡県は海産物の宝庫です。黒潮による温暖な気候により、お茶、野菜、果物などの栽培も盛んです。

 

さらに、静岡グルメの特徴として、B級グルメが多いことも挙げられます。B級グルメは地域に根付いたソウルフードで、地元の人に愛されており、観光客も魅了します。

静岡といえばコレ!定番グルメを紹介のイメージ 静岡といえばコレ!定番グルメを紹介のイメージ
静岡といえばコレ!定番グルメを紹介画像素材:PIXTA 

定番の静岡グルメ、新たに登場したご当地グルメから、7つ厳選してご紹介します。

うなぎのイメージ うなぎのイメージ
うなぎ

静岡グルメの筆頭といえば、養殖が盛んな「うなぎ」でしょう。静岡は温暖な気候と雄大な山々が織りなす天然水により、身は柔らかく、脂のりが良いうなぎが育つ地域です。特にうなぎの養殖が盛んな浜名湖、三島、吉田は、遠方から通う方もいるほど、うなぎの名店が数多くあります。

 

また、日本の中心という立地により、浜松市付近は東西の食文化が混在しています。背開きで蒸した関東風、腹開きで香ばしく焼き上げる関西風と、東西の違いを楽しめるのも静岡ならではの魅力でしょう。

静岡おでんのイメージ 静岡おでんのイメージ
静岡おでん

静岡おでんはB級グルメの一つで、串を刺した具材を真っ黒な煮汁で煮込み、ダシ粉や青のりなどをかけるのが大きな特徴です。牛すじや豚モツのダシと濃口醤油で味付けしており、見た目の黒さとは裏腹にあっさりとした味わいです。イワシを骨ごとすり身にした”黒はんぺん”も、静岡おでんの特徴といえます。

 

静岡市街にある青葉横町、青葉おでん街は、静岡おでんの聖地とされています。おでんは全国各地で異なる食文化が存在します。静岡の伝統の味を楽しんでみてはいかがでしょうか。

浜松餃子のイメージ 浜松餃子のイメージ
浜松餃子

浜松市が発祥の浜松餃子は、円形に並べて焼き、中央にもやしを添えるのが大きな特徴です。キャベツをたっぷり使い、豚肉のコクをプラスした浜松餃子は、何個でも食べられそうな美味しさです。また、餃子の旨みを引き出せるよう、お店ごとに独自のタレを提供しています。

 

浜松餃子の本場である浜松市内で、お店の味の違いを食べ比べしてみてはいかがでしょうか。

熱海プリンのイメージ 熱海プリンのイメージ
熱海プリン画像素材:PIXTA

海水浴と温泉で有名な熱海の新名物が「熱海プリン」です。熱海の吹き上げる源泉から構想を得た熱海プリンは、シンプルな材料で昔ながらの「かため」な口当たりが特徴です。牛乳瓶に似た瓶が容器になっており、熱海のレトロな風景によくマッチします。

 

プレーンなプリンはもちろん、井田塩、特産の橙(だいだい)、いちご、抹茶、コーヒー牛乳などフレーバーも豊富。店頭ではプリン味などのソフトクリームも販売しているため、散歩中に訪れてみてはいかがでしょうか。

みしまコロッケのイメージ みしまコロッケのイメージ
みしまコロッケ

三島市の新名物であるみしまコロッケは、三島馬鈴薯(メークイン)を100%使用したコロッケです。三島馬鈴薯は甘みが強くクリーミーで、衣のサクサク感と相まって絶品です。

 

みしまコロッケの定義は三島馬鈴薯を使用していることで、具材や形はお店によって違います。プレーンなコロッケに加え、コロッケパン、コロッケそば、コロッケうどんなども楽しめます。

 

特に三島駅、広小路駅、三嶋大社の周辺は、みしまコロッケのお店が点在しています。お店ごとに違った味わいが楽しめるため、散歩がてら食べ歩きしてもよいでしょう。

富士宮焼きそばのイメージ 富士宮焼きそばのイメージ
富士宮焼きそば

静岡県で最も有名なB級グルメといえば、富士宮焼きそばでしょう。富士宮焼きそばはB級グルメグランプリを2回受賞し、今では殿堂入りを果たした全国を代表するB級グルメです。

 

富士宮焼きそばの特徴は、コシの強い麺と、イワシの削り粉です。

 

戦後の冷蔵庫がない時代に、日持ちできるように水分を極力減らすため、麺を蒸してから強制的に冷やす製法が考案されました。肉かすやイワシの削り粉を入れたのは、旨みをプラスするための工夫といわれています。

 

一般的な麺と一線を画す噛み応えのある麺、魚の風味が広がる独特な味わいは、やみつきになるでしょう。富士宮市内には焼きそばを提供する飲食店が数多くあるため、ぜひ富士山の観光とセットで訪れてみてください。

つけナポリタンのイメージ つけナポリタンのイメージ
つけナポリタン

静岡県のB級グルメは、富士宮焼きそばだけに留まりません。富士市の吉原商店街が発祥の「つけナポリタン」も、おすすめしたい静岡B級グルメの一つです。

 

つけナポリタンとは、麺をトマトベースのスープにつけて食べるというものです。具材などに決まりがないため、パスタ、中華麺、極太麺など、お店ごとに異なるつけナポリタンを楽しめます。

静岡にグルメ旅でいくならココ!のイメージ 静岡にグルメ旅でいくならココ!のイメージ
静岡にグルメ旅でいくならココ!画像素材:PIXTA

グルメを楽しむことをメインの目的に静岡を旅する場合、沼津市、浜松市がおすすめです。

 

沼津市は伊豆半島の玄関口で、新幹線の到着駅である三島駅や高速道路が近くアクセスも良好です。沼津市にある駿河湾は海産物が豊富にとれるだけでなく、最深部が2,500mと日本一の水深を誇ります。タカアシガニや珍しい深海魚をとれるのが特徴で、他の地域では味わえないグルメを楽しめます。また、クラフトビールの醸造所も多く、ビール好きにもおすすめのエリアです。

 

浜松市はうなぎ、浜松餃子と静岡グルメを代表する街です。浜松市に面する遠州灘も海産物の宝庫。遠州灘は夏の風物詩である鱧(はも)、天然とらふぐの屈指の漁場なのです。夏、冬と季節の旬を味わえるため、年間を通してさまざまなグルメが楽しめるでしょう。

東西に広い土地を持つ静岡県は、伊豆、富士山、中部、西部と4つのエリアから成ります。エリアごとに特色が異なるため、さまざまな静岡グルメが誕生しています。

 

浜松市や三島市のうなぎ、浜松餃子、静岡おでんや富士宮焼きそばなど、高級グルメからB級グルメと種類も豊富です。さらに、熱海プリンのようなスイーツまである静岡県は、グルメを目的に旅をする場所としてピッタリでしょう。静岡グルメを食べにいくなら、ぜひ「びゅうトラベル」をご利用ください。

おすすめ商品

びゅうトラベルではお得なセールやキャンペーン情報、旬のおすすめプラン・観光スポットなどの情報をメールマガジンで配信しています。

登録は簡単!30秒登録!

【無料】メールマガジン登録

びゅうたび

宿泊日と泊数、人数を選択してください

※宿泊日と乗車日を同日で検索します。乗車区間、乗車日を変更される場合は、結果画面にて変更してください。
※最大8名まで。おとな1名につき幼児(未就学児)は1名まで同伴できます。

宿泊日
から
おとな
こども
小学校高学年
小学校低学年
幼児
食事あり 布団あり
食事あり 布団なし
食事なし 布団あり
食事なし 布団なし